スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

風ふくとこまで。

もめです。

第2回美作市映像大賞でグランプリをいただきました。
こどもを授かったのも、こどもと共に楽しく生き生き育っていっているのも
血縁関係のないこの地で家族のような人たちに囲まれているから・・・
そんなことをセルフドキュメンタリーとしてまとめました。
オリジナルは15分ですが、映像大賞用には制限の3分でまとめています。

映像制作の師匠の畑先生には
「生き方と映像の質が連動している」
「生活から紡ぎだされる言葉の持つ重要性を改めて感じ、
井筒さんには言葉で表現する才能が豊か」
と講評していただき、嬉しく思っています。


昨日、地元の山陽新聞に大きく掲載されており、
いろんなところで見たよと言っていただき、
しかも「新聞とって置いている」という声をききました。
上山、またその周辺の地域で暮らす方々も、
最近メディアに上山が頻繁にでるので、
新聞見るにもでていないかチェックしてくれていて
でていたら自分ごとのように切り取っておいているのだと言ってくれる人が結構いて、
正直驚いたのと同時に、すごく嬉しいことです。本当に。


そういう意味で、地元の賞をいただけるというのは、
わたしにとって、とても価値のあることでした。

そして、今度3月20日(水)は、
これまた地元TV局、RSKのメッセージで1時間
上山のことを取り上げてくださいます。
タイトルは「美作発・田舎からニッポンを変える!」とのこと。


自分たちの活動が、メディアによって編集されて発信されるというのは
時には落胆することもないことはないのですが、
この番組のディレクターの岡さんが
日頃上山で活動するわたしたちのリアルをコミュニケーションの中でとらえてくださり
それを岡さんのするどい視点で愛をもって編集してくださるので
演出をしたわけではなにのに、
一緒に番組をつくりあげたような心地で、放送がとても楽しみなのです。

こちらもぜひ、放送圏内の方はご覧ください。


受賞作品(3分)


オリジナル(15分)
スポンサーサイト

はじめてシカ解体した。

もめです。


はじめてシカを解体しました。
包丁の扱いが下手なので、無駄な力が入り、一苦労。
皮が剥げた瞬間、モモ、背ヒレがとれた瞬間は達成感!

130121_1.jpg


人というのは、どんどんその環境に応じて変化していくのですね。
こんなことしている自分をかつて想像できたか。
シカを食べる事が増えて来た、仲間が解体した、ダンナが解体した、
罠にかかってしめるところを見た、見た、見た、
「私は見ているだけ…」ということで、
そろそろ時が来たな、と「いざ私も」と
ごくごく自然に、解体作業しました。
聞くのと見るの、見るのとやるの、では全然違います。
なにが違うって、リアリティが。
こうやって、山で自然の中で生きて行くことにひとつひとつリアリティを重ねていっています。


130121_2.jpg


最近では、薪割りはもっぱら私の仕事。(薪割り機を使ってるけど)
うちは暖房にしか薪を使っていないけど(煮炊きはガスだし、お風呂は太陽熱と灯油)
それでも「うわー!こんなに薪って使うんや!」という感覚。
今年は夏の間にたっぷり薪をつくろう。
でも木はそちらこちらで手に入れることができるので、
目を光らせていてハンター状態。狩猟採集生活です。笑

130121_6.jpg


年末年始は皆でモチをついて、鏡餅もつくったり、お父さんはしめ縄を編んだり、
近所のおかあさんと一緒に蒟蒻をつくったり。
蒟蒻なんてほんと無駄の無い食べ物!
蒟蒻芋を薪で沸かした湯で炊いて、
蕎麦の茎を燃やしたものをいれた水で固まらす。シンプル、無駄無し。そして絶品。
山で暮らすと、ひとつひとつのことが、繋がっていて、
ちゃんとやれば無駄無く生きていけることがわかって、
あらゆることがスッキリ腑に落ちる。
お父さんは山に入り、棚田を再生し、
そこで得られたものを
お母さんが子を育みながら、暮らしの中に取り入れる。
自分たちにもってないもの(番茶や梅干し、漬け物、知恵自体も)を
コミュニケーションしながら、近所からいただくというのも楽しい。


bochibochiのおかあさんたちとおしゃべりの会をして
話題になった、今、不安な食について。
それもマクロビや自然療法のことを知ると余計に、
山暮らしで得たこの感覚に自信が持ててきます。


何よりね、楽しいです!面白い!
クリエイティビティ溢れているし、
この手でリアリティを掴める充実感。

ヤメラレナイっ!

130121_4.jpg

130121_3.jpg


130121_5.jpg

「ハレの国で、深呼吸」掲載。

もめです。

岡山のことを、外のひとに伝えるための本(雑誌)、
ハレの国で、深呼吸」にmenpeiが掲載されました。

この本にはお友達もいっぱいのっててたのしいですー!
岡山に興味のある他地域の方、ぜひお手にとってみてくださいませませ。

121102_2.jpg


ハレの国で深呼吸

いせやさんといづつさん。

もめです。

大きなイベントが終了しました。

イベントのレポートは、きっとそのうち上山集楽webとかにあげるとして、
耕平視点の感想はこちら

耕平のブログにも書いていて、参加者の中の大半の心に響いたらしい
伊勢谷氏の生き方としての「社会彫刻家」という言葉は、
ヨーゼフ・ボイス好きの私としても、グっときました。
ボイスの拡張された芸術概念において、人間はみな芸術家で、
創造力によって社会を変えられるし、またそうすべきなんですよね。


イベント中、何度か風太がフィーチャーされる場面がありました。
風太は、ある種、象徴的な存在です。
議論する大人たちが未来を想像する時の象徴、
多くの人に愛され、上山集楽という場の未来の象徴、期待。
そういう運命の元に存在しており、
そのことを大きくなった彼はどう受け止めるのか、
はたまた蹴飛ばすのか。
彼もひとりの芸術家であるから、彼の創造力は、
そんな私の想像力をふわりと超えて行くのでしょう。きっと。


堂々たる手前味噌な話ですが、
今、日本の中でも、この場所はアツく、
それを牽引しているひとりが
風太の父ちゃんだと思っています。


では最後に、イベント中の"茶番劇"の一幕を。
121015_1.jpg




10月のbochibochiは火をつかうぜ!

もめです。

121003_1.jpg


10月のbochibochiの会は、石窯ピザを焼こうの会です。
bochibochi7月から皆勤賞のファミリーの慶さんが、
天然酵母をつかったパンやらピザを焼いてるよーという話から、
ちょうど、いちょう庵に仲間のべんちゃんが石窯をつくっているところだったので
「じゃあ10月は石窯ピザだ!」という話になりました。

上山集楽でつくった無農薬無肥料の小麦をつかって、
慶さんが用意してくた天然酵母の生地をのばし、
こどもたちで自由に好きなように野菜をトッピング。
野菜は上山で採れたものや、
bochibochiにも来てくれている美作の有機農家のさとみ農園さんのものも
使おうと思っています。

ピザを待っている間につまめる上山棚田の玄米おにぎりも用意します。


薪で火をたく!
炎を目の前にして、火との距離感をはかる。
そんな経験をしちゃいましょう。

詳細はコチラ!
----------------------------------------------------------------------------
10/27(土)9:30-14:30頃(いちょう庵集合)

参加対象:0歳〜未就学児のおこさまのファミリー/妊娠中のおかあさんなど
    

定員:10組前後(bochibochi対象ファミリー優先です)

持ち物:水筒(有料でいちょう庵のカフェの飲み物もあります)
    タオルなど
    よごれが気になる場合はエプロンなど
    自分とこの子がピザ焼けるまで我慢できんかなーという場合は何か食べるもの。笑

参加費:ファミリー基本料金2,000円(小学生以上1人増加の場合+1,000円/1人)
   
参加方法:menpei01*gmail.com(*=@にかえてね)に、参加者のおなまえと人数をご連絡ください
     準備も定員もあるので、キャンセルなしの心づもりで参加表明をば!

----------------------------------------------------------------------------

これは、こないだ上山の仲間で、はじめてピザを焼いた夜・・・
食後のコーヒーもうまかった・・・
その日は、別枠で東京から上山にたくさん人がくるようだし
カオスな感じをたのしみましょう!

参加を待ってるよ!
121003_3.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。