2010年05月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

近頃、も、いろいろやってます。

もめです。

しばらくの来mを簡単に振り返ってみましょう。

-------------------------------
第67回 2010.5.17(月)
備前市企画課 Yさん(初)
--------------------------------

集落支援員のここしばらくの振り返りの時間。
スピーディーさが売りのmenpeiですもんで、
私たちの構想に、驚き、ついて来れない様子のYさん。笑
けど、行政も、スピーディーに時代の先を読んで動いていかないと
どんどん他の地域においていかれちゃいます。
共に頑張りましょう!


-------------------------------
第68回 2010.5.23(日)
京大 フジサク(2)
京大 ヤマサキ(2)
--------------------------------

コーヘイも少しお手伝いしていた牛窓ナチュラルキャンプ参加後、menpei荘へ。
野外フェス、雨がひどい時で、疲弊、少し早めの帰宅でした。
私はフェスには行かず、宝塚の学校へ行っていたので、帰ったら焼き肉の準備をしてくれてました。
フジサク・ヤマサクカップルは、menpeiのHPをみて連絡をくれたのが2月、
という付き合いの期間の浅さですが、
menpei荘にいる感じは、なんかみんなで家族っぽいです。
パートナーに対するノリとか、リスペクトの態度とか、そういうのが似てるかもね。


-------------------------------
第69回 2010.5.24(月)
三国地区百姓 井上よしこさん(2)
佐伯地区百姓 岡本ファミリー(初)
すみれのお宿 すみれさん(初) 
--------------------------------
京大カップルを見送った後、つづいて来mさん!
最近自然農をはじめたことで、岡山の「スローライフネットワーク」という
100数名ほどのネットワークに出会いました。
岡本さんファミリーもその一人。
吉永の三国地区で百姓をしている井上夫妻にご紹介いただきました。
そして、噂はきいたことあった「すみれのお宿」なる拠点をもっていらっしゃる、すみれさんも。

急いで片付けをして、曇り空だったので縁側に洗濯を干していると
井上よしこさんの姿が!
岡本さんやすみれさんがくる事を噂で聞きつけたのだな、と瞬時にわかりました。笑


私たちの住む吉永の駅周辺と、井上さんの住む三国地区は
同じ吉永町でも随分違います。
三国地区はいわゆる過疎地域。
私たちは今そこに、集落支援員として色々な人とコミュニケーションをとっています。
井上さんは私が神戸に住んでいる頃からのおつきあいですが。
三国地区には保育園や幼稚園がないので、井上家のベイビーは
車で20分ほどの吉永(駅周辺を指す)の保育園へ来ています。


岡本さん(ご主人)は、元々農政局にいらっしゃったそうですが、去年(かな?)、就農。
人気、貴重な古代米をお土産に頂きました!感謝。
すみれさんもつくりたてのお味噌を。
こうやって、なんなと手作りの食材をいただけるのは本当にいいですねー。
100527miso.jpg


岡本さんにうちの田んぼをみてもらって、アドバイスをいただきました。
岡本さんも去年、慣行農法、自然農は初ということで一緒ですが、
プロフェッショナルの道を歩んでいかれているので、頼れる存在です。感謝。




-------------------------------
第70回 2010.5.27(木)
岡大 梅谷君(多数)
岡大 藤井君(初) 
--------------------------------

ということで、岡本さんにいただいて、1反弱の田んぼを数区画に区切る、溝きりをしなくては!
と、岡大のうめたに&ふじいコンビを誘うと快諾。

「午前中ならいけます!」という姿勢が最高です。
そんなに近くもないのにね。お金がなくなって二人とも車を売りにだしたのにね。

どういう風に切るのがベストか、というのを試行錯誤に約1時間を費やしました。
そういうのを予め考えてなくて、一緒に考えよーやー、という私のユルさも受け入れてくれるのがイイネ!

最近コーへイ氏が論文読んでいる中で出会ったキーワード
「action-oriented planning」。
私たちのスタンスをよく表現できる言葉として、引用しています。
あれこれ検討するのも当然大事だけど、行動ありき。
行動しなくては、何言うてても机上の空論、
絵を描いても、現実の中で行動してみないとね。
そして行動すれば、必ず、またいい出会いにつながるってなもんです。

そういうスタンスが、梅谷藤井コンビとは共通しているかもね。
一緒になんかやりたいぜ、って感じ。

二人のコンビネーションで、短時間にしてはいい感じでいけました。

作業をしていると近所に住む、御年90歳というおばあちゃんが
近くの使ってないけど耕している田んぼを「なんでもいいから、使ってほしい」とお話してくれました。
今の田んぼよりもうちに近いかな?同じくらいかな?
候補的にはソバかなあ?
検討してみます!


コメヅクリの花形、田植えまでにも作業は色々あるよー。
田植えは、みなさん、長靴必須、あれば軍手や小さいスコップとかもってきてね!


もめカルボナーラだけで、地味な作業、働いてくれてありがとう!
ブログに書いてないけど、梅谷君は先日もひそかにだいぶ働いてくれたしね。
感謝!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。