2011年06月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

夫婦のしごと。

もめです。

今日は上山に行っていて、
午後から田んぼの畦の草刈りをすることになったので、
私も竹の熊手を片手に田んぼへ。
上山では協力隊や棚田団などみんなで広範囲をやっているので、
ほんと過酷な草の生命力との追いかけっこな戦いです。


妊娠してから草刈り機を使えないことをもどかしく思っていたけれども、
協力隊のメンバーの面々は男達で草刈りに集中するので、
熊手で草を集めるという仕事を発見してから、楽しくやってます。

基本的には耕平のやったあとを追いかけるように
草を集めて行きます。
掃除みたいなもんだから、キレイになって気持ちよい。


ふと、何枚か上の田んぼを見上げたら、
村のご夫婦がおなじようなスタイルでやっていました。
旦那さんが草刈って、奥さんが草集めて。
それを見てなんだか嬉しくなりました。


「草刈り」のしごとの中には、刈るのと集めるのとあって、
それが夫婦だと役割分担しながら進めていけます。
冬に少ししていた森林施行のしごともおなじように
どんどん伐るのと、あつめたりするのと役割があります。


私はこういうしごとが一番理想だな、と考えています。
ほんで、それが一番たのしいねん。

いろんなことを耕平氏の協力隊任期の3年間で経験しつつ、
これからつくっていく生業については、
「夫婦で一緒にやっていけること」を譲れないひとつの軸に考えています。
だって夫婦ユニットやもん♪

田舎にはそういうしごとがたくさんあるから、
わたしたちにはぴったりのフィールドかもしれません。

110627_1.jpg
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。