スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

第3回世界アーティストサミット。

もめです。

「もめです」と冒頭につけているのは、これがmenpeiブログであり、
menpeiメンバーのコーヘイもここに記事を投稿することがあるから・・・・
という理由であることはあまり知られていません。笑
ということで、今回はわたくしと、コーヘイ2人から
ひとつの体験についての振り返りでもしてみます。

------
京都造形芸術大学で行われた第3回世界アーティストサミットに2日間参加しました。
091221askmome.jpg


そもそも世界アーティストサミットとは。
発起人はアーティストの宮島達男氏。
大命題は「アーティストは世界を救えるのか」。
概要等はまとまったものを見た方がいいと思います。
HP→こちら
第2回のダイジェスト映像→こちら
第1回の記録はこちら→こちら


前提としておさえておくべきことは
○(宮島さんもおっしゃっていましたが)アートは元々問題解決に寄与する分野とは
 考えられていなかった。
○このサミットは答えをだす場ではないということ

大きくこの2点だと私は思いました。
だから、世界の課題の「なに」について議論するかは決まっておらず
各アーティストの何かしらバックグラウンドに基づいて「課題」が設定され
多様な「アイデア」が発せられていきます。
このような場があること、それは非常に意義のあることです。
私が言うまでもないですが。
聴衆の多くがここの学生であったりと、若者です。私のようなアート畑ではない「一般」の人もいます。
そのような人々の誰の中にもある「アート的なるもの」、
つまり想像力と創造力を引き出すこともこのサミットの趣旨です。

アーティストは常に世界の問題を解決するためにアート活動をするわけではないですが、
今回のように「世界を変えるために」アーティストが何ができるのか、という順序で考えるのならば、
プロのアーティストが研究者や技術者、NPOやNGOの団体、様々な立場のプロと
タッグをくむことじゃないか、と思います。
具体的に何か世界の(またはローカルの)課題に向かって結論を出すために議論している場に
アーティストのような存在というのはほとんどいないと言っていいでしょう。
アーティストの想像、創造力が何よりの武器であるとしたら
既存の価値観でしか議論の進まない場にいたら、少なくともその課題においては
有効的なクリエイティブな解決策がうまれるに違いありません。
しかも、そういう場は、多少なりとも予算があったりする場合が多いと思います。
(ローカルな場面しかイメージできていませんが)
場合によっては国の補助金だったりするかもしれません。
それが「本当にそれでいいんっすか・・・?」という形で予算が使われてしまった・・・ということもあります。
もっとクリエイティビティな発想があれば・・・と。


ジャンルを超えた、
答えをださない、
対話の蓄積。
少しずつイノベーションを起こすには
これが重要だなーと言っていたmenpeiですが、
それがますます確信になってきた、という2日間でした。
第2回の動画を今、見ていたらイングリッド・ムワンギさんが同じ趣旨の
アイデアをだしていました。(13:24あたり)
サミットに参加した9人がまた、いろんなひと9人をあつめたミーティングをする、
そのうちの誰かがまたミーティングを開こうと思ってどんどん広がっていくかもしれない・・・というアイデア。
これはmenpei荘でもできそうですね。


では続いてバトンをコーヘイに。

------

コーヘイです。
アーティストの集まる場に行ってきました。
アーティストが社会に向かう。
それは、僕にはこんな感じに受け取りました。

社会は、太陽系のように規則正しく動いている。
それは微妙なバランスを保ちながら。
そこに問題を包含していたとしても、簡単には崩れない。

その太陽系に、彗星がやってくる。
それがアーティストだ。
まさに、彗星のごとく。

彗星は、惑星とは異なる動きをする。
軌道が惑星とは違う。
3年で公転するものから、数百万年以上かかって公転するものもある。
中には、帰ってこないものもあるそうだ。

そして、それは太陽系に何かを残す。
規則正しく公転する地球に生きる人々にとって、
感動と恐怖を覚えさせる。
なぜなら、その箒星の姿が感動を呼び、
衝突する可能性が恐怖を覚えさせる。
そういった、概念を覆すような、
大きなインパクトを与えることができるのも彗星のなせる技だ。

そういった存在を包摂してこその太陽系なのだ。

こんなことを考えながら、アーティストの話を聞いていました。

さて、2年後にまた世界アーティストサミットは開催されるのでしょうか。
私は、このコアなミーティングはありだな、と思います。
ただ、アーティスト間および参加者間に、
もう少し何らかのミッション、ターゲットが
共有されていたほうがいいように思います。
このミーティングは、単にアーティストの展覧会ではなく、
「アーティストは世界を変えられるのか」という命題について議論するものであり、
それによって、もっといいもの、いいアイデアが出てくるんじゃないかと思います。

その第4回目の世界アーティストサミットの前に、
第1回のローカルアーティストサミットがmenpei荘で開催されるかもしれませんね。
ジャンルを超えた対話の蓄積の場がそこにあるはずです。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。