スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

新婚旅行!②(バーンロムサイ)

もめです。


いえーい!プールです!
ここはリゾート地?
IMG_5341.jpg


プールなんて好きじゃない私も、泳いじゃいます。
IMG_5362.jpg



宿泊するゲストハウスは土の家。
IMG_5321.jpg


姫のような、蚊屋。
IMG_5325.jpg

ひとつひとつ、乙女心をくすぐるインテリア。
IMG_5436.jpg


ここは観光客でごったがえする単なるリゾート地ではありません。
チェンマイの中心地から少しはずれたところにある
バーンロムサイが運営するゲストハウスです。


バーンロムサイとはHIV感染孤児の生活施設。
代表は日本人の名取美和さん。
名取さんはここで生活する31人の子どもたちのお母さん。


ここは1年間ボランティアスタッフとして日本からきていた方と耕平が友人なのと、
河野さんの紹介との2方向からの縁で知ることができました。


到着してからはスタッフの小宮さんにゲストハウスと
施設の案内をしていただきました。

ここはたしか男子寮だったかな。
元気な子どもたちが楽しそうに遊んでいます。
IMG_5306.jpg


ここはお絵描きのスペース。
IMG_5312.jpg


子どもたちが描いた絵は、ノート、ポーチなどになって販売されています。
日本では鎌倉にショップがある他、ネットショップでも購入できます。


施設案内の一番はじめに、DVDをみせていただきました。
それをみて、耕平と目を合わせて「なるほど」と納得。
なぜ、ゲストハウスをやっているのか、なぜ商品を販売しているのか。
そのことが、スッと心に落ちてきました。
それは施設運営の自立のため。
今は主にアルマーニジャパンの寄付で成り立っています。
このような活動の場合、資金の調達が最も重要と言っても過言ではありません。
(と、私は思っています。)
継続的に活動を続けていくことはとても重要で、
すなわち継続的に資金を調達する必要があります。
そのためにはビジネスを創り、収入を得なければならない。
孤児たちも将来の選択肢のひとつとして、このゲストハウスのサービスという
職業を選ぶこともできます。あくまで選択肢のひとつ、というのがいいですよね。


さらに共感と言いますか尊敬、もっと自分の心に素直に表現すると
『ピンときた』のは、商品やサービスが、活動内容と切り離しても価値があるという部分。
説明付きで同情を買ってもらうような形ではないんです。
ゲストハウスは紹介の通り、シャンプー、スリッパなど細部にまでいたって
お洒落でセンスが良いし、販売している商品もパッと見ただけで可愛い!欲しい!と思う。
その上で、その背景を伺うと「ああ、ますますいいなあ」と思って購買にいたる。
センスの良いゲストハウスは名取さんのデザインだそう。


当然、魅了された私たちもやや興奮気味にあらゆる商品を購入してしまいました。
子どもの絵の描いたポーチ、ノート(これは手漉きの紙!)、
布の珈琲フィルター、トゥッケースカート。

トゥッケースカートはこちら。
購入後調子に乗ってそのままはいていったパターンです。

IMG_5471.jpg


これは常駐スタッフの(ちなみにきちんと有給です)馬場さんと
あれこれ話をして盛り上がっているときに、
馬場さんがはいているスカートもこちらで作製されているものと聞き購入。
こちらが馬場さんです。
IMG_5467.jpg

わたしのものとは色が異なるように見えますが、
毎日はいて毎日選択していたらこうなっただけで元は同じだそうです。
私も愛用したいです。


こちらは縫製しているところです。
IMG_5461.jpg


バーンロムサイの夜は、うるさい。
自然の声です。
夜真っ暗でわからなかったのですが、かなり近いところで
猿のような悲鳴のような笑い声のような大きな鳴き声が響いていました。
翌日馬場さんに聞いてみると、おそらくそれが「トゥッケー」だそうです。
大トカゲ。
ちなみに朝は激しい鶏の声で目が覚めます。
耕平は「これが、生態系の中で生きるということだ」と私を諭すように言いました。
わたしもまだまだ、おっかなびっくりな感じですが、
虫や爬虫類が平気な女子には、ぜひおすすめのゲストハウスです。
今回は私たち以外に宿泊客はありませんでした。
そのうち、すぐに人がたくさん立ち寄るのでしょう。
それは、やはり、ここが活動とは独立して素敵な場所であり
でもやっぱり、ここの活動と繋がっているからなんだろうな、と思います。


ちなみにこちらはゲストハウスの鍵。
幾パターンもあるこのくまちゃんはバーンロムサイのキャラクターだそう。
もちろん販売もしていますよ。
IMG_5322.jpg

スポンサーサイト

乙女心をくすぐるインテリ・・・ア?

2009.04.16 12:08 がくじんしゃ #239ZmNdU URL[EDIT]

がくじんしゃさん
くすぐりますともー!
あら、私が乙女でない、という意味の突っ込みだったのだろうか・・・

2009.04.16 18:40 menpei(もめ) #iQgvVc9. URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。