スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

田植えの予習。

もめです。

ここはmenpei荘から車で30分(もっと?)いったところの
岡本さんちの田植え中の田んぼです。
100614tanbozentai.jpg


慣行農法を見慣れていると、「え?これで田植え?」と
カルチャーショックかもしれません。
岡本さんとこも自然農でつくられていて、(しかも専業の農家さんです)
menpei田植えを控えて、イメージがわかない部分も多いので、
お手伝いがてら勉強させてもらってきました。


岡本さんはポットで苗もつくっていますが、
私たちと一緒で田んぼの中に苗床をつくっています。


田植えは、苗をはがすところから。
少し水をはって、鍬で苗を土ごととります。
100614naedori.jpg


それを手で一本ずつとって、箱にいれていきます。
100614nae.jpg


田んぼを何区画かに溝をほって区切って、田植え紐を目印に苗を植えます。
この溝をほる作業が大変なんです。
ちょこちょこあいた時間にやったり、何度かMMOOP梅谷くん&藤井くんが
平日の午前中来てくれたり、この日の夕方、コーヘイとふたりでやっと仕上げました。

田植え紐、昔はみんな使ってたんだけど、みつからない、というのが多いです。
近所の人何人かが探してくれたけど、「捨ててないはずやけどなー」と、見つからず。
ロープを買って手作りします。これがまだできてない!キャインー
100614tauehimo.jpg


植え方は、稲&草刈りカマで草をかきわけて
柄の方で穴をすっとあけて、
そこに1本、ないしは2本ずつ植えていくようです。
スコップをもってきて、と参加者に言いましたが、
カマをなんぼか買い足して用意するようにするんで大丈夫です!みなさん!
誰か余っているのあったらくださーい。


いやー太陽光に弱い私は、すぐへたばりますわー。
室内で暑いのは平気なんですけどね、日射病なりがちですねん。
まだ2年目じゃ、まだまだまだまだですね。
体力も根性も。
100614mizu.jpg


農作業は基本的に休憩がたのしいよね!えへへ!
100614hiru.jpg


最近知り合った、備前のおとなり、美作市英田の上山地区では
大阪の協創LLPというネットワークの人たちが、棚田再生その他諸々
がっつり取り組んでます。
上山にメインで住んでいて最近美作市の地域おこし協力隊にもなった
かっちさんを中心に、皆、オープンな人たちで、menpeiは超刺激を受けてます。
私たちでも結構ハイスピードで動いているけど、もうさらにさらに先行きます。
そこに帰りに寄ったら、こんな手作り草取りグッズをみつけました。
これで田植えあとひっぱってあるいたら雑草をとれる、というもの。
りんごの自然農の木村さんの本にも書いていたなあ。
100614kusatori.jpg


吉永にかえって作業して、この日はさすがにビールがうまかった!
彼らはバタンキューで爆睡してました。
100614mame.jpg


梅雨入りしちゃって、第1回田植えの日は雨模様。
それでもやらんといかんので、一応やるつもりです!
農作業はおてんと様次第やけど、おてんと様がなんといってもやるべき日もあるということを
体感してたのしんでくださーーい!
レインコートとかもってくるといいかもね!
本当にどうしようもないくらい降ってたら、なんかワークショップでもしようか。

なにはともあれ、待ってますよーー!


(この日の岡大学生を含めて何度かあった来mはまた後日まとめてアップします!)
スポンサーサイト

溝掘り全部終わったんですか!?
そりゃバタンキューですわ!!
田植え行けるようにしまっす。

2010.06.14 23:13 うめ #- URL[EDIT]

せんとくん
終わったよー!
でもしんどすぎて、最後本数おもいきりへらしたよ。
田植え、どっちこれるー?
せっかく下準備頑張ってくれたからぜひ田植えもおいでやすーー

2010.06.15 10:08 もめ #iQgvVc9. URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。