スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

藤井登のソバ道場、開催。

もめです。

menpei×吉永の、あのプロ。「藤井登のソバ道場」
若者を中心に20人近く集まってくれました。

-------------------------------
第78回 2010.7.10(土)

三国東畑区長  藤井登師匠(2)

もめ幼なじみ  美佳ちゃん(初)
岡大      梅谷くん(多数)
もめ高校同級生 万里(初)
岡山友     ひろころり(2)
大学職員    いずみん(3)
岡大      別府くん(2)
岡大      優ちゃん(初)
清心      南ちゃん(2)
徳島大     熱田ちゃん(2)
備前友     馬場ファミリー(多数)
吉永友     井上夫妻(多数)
吉永の母    久次さん(多数)
地域コンサル  森岡さん親子(初)

-------------------------------

まずは一番シズル感をお伝えできる、映像をどうぞ!
(8分10秒:最後40秒くらい無駄な空白をつけてしまったけど)



一番乗りで、神戸を6時台に出発してきてくれたのは
幼稚園前から家族ぐるみで仲良しの幼なじみの美佳ちゃん。
しばらく会えてなかったけど、このブログをずっとみてくれてて、吉永にきてくれて感激!
夜は私の双子の片割れの結花と神戸で飲む約束をしているという、服部家(旧姓)尽くしな一日だそう。笑
100710mika.jpg


懐かしい友達と言えば、高校時代の同級生、万里も神戸から来てくれました。
100710mari.jpg


先日別の友達の結婚式の2次会で久々に再会して、お誘い。
食が大好きで、フランスに留学した時にたくさん吸収してきて、
こどもたちに食を通じて感性を育てるための教室を開いたり頑張っています!
(HPはこちら→マリーと森の仲間のパウンドケーキ
それぞれがそれぞれのストーリーの中で、充実して取り組んでいるんやな。
すごくキラキラしていて、一緒にいたくなるようなオーラでした。
そばイベントということで、ソバ粉をつかった食パンをお土産に焼いてきてくれました!
100710pan.jpg


登師匠です!
「私たちたまにこれで吉永駅に迎えにいくんですよ」って言ったら、
「そりゃおもろいことするね!」とめちゃ笑ってました。
今回何より、本当に、登師匠が、ものすごく素敵な笑顔で楽しんでくださっていたのが
やってよかったーーーと感じたことです。
みんなに「今日は100点満点で何点でしたか。」と登師匠が問うたら
「120点」と万里が答えて、「もう死んでもええわ。」とおっしゃってました。笑
100710noborutomenpei.jpg


万里が120点をつけたのは、そばをひいて、打って、お話をきいて、
「食」ってそういうのも含めておいしさは変わるからだ、と言ってました。


まずは、そばの実と石やらを選別するところから。
ちなみにそばも当然、登師匠が丹誠込めて育てたもの。
100710sobayoriwake.jpg


行程の様子は、映像をごらんくださいね。
そばを打っている鉢は井筒家の実家にあって譲ってもらったもの。
使う機会はなかったので、やっといかされて嬉しい。
師匠「こんなええ鉢で打ったことないから、手、ふるえてきた」
100710sibakone.jpg

さっきまでソバの実だったものが、「Theソバ」に・・・。感動しちゃうよね。
100710sobakiri.jpg


登師匠は、山野草のこともむちゃくちゃ愛していて、とても詳しいんです。
うちの玄関に生えている「ギボシ」も、天ぷらにしたらおいしいよ、って言って
急遽天ぷらソバに!これが食べれるんやー。テンションあがる!
100710giboshi.jpg


天ぷらの素材探しに、庭で、大葉やもみじをとったりしていると、
隣の家の数乗さんが、ユキノシタをとってもってきてくれました。
それをうちの玄関にも移植。
久次さんがヨモギなどを持ってきてくれて、豪華になりました。
ちなみに揚げるのに使う小麦粉も、藤井さんからいただいた小麦をひいたもの。
そもそもこの企画がうまれたのは、この小麦を藤井さん宅に行っていただいたところからです。
20kgも挽く前の小麦をいただいて、その代わりにソバイベントでも企画してよ、って交換話になったんです。

天ぷらずっと揚げてくれてた馬場家ありがとう!
100710tenpura.jpg

menpei米を、以前広島でいただいたモミガライトで炊こう!となりました。
でも結局火が点かなかったので、薪に変更。
100710momigaraito.jpg


女の子たちでおにぎりをにぎりました。
かなりおいしかった!ほんまに。
100710onigirl.jpg


見ての通り、若者が今回は多くって、登師匠も
「50歳ほど若返ったわ」と言って笑ってました。笑
若いエネルギッシュなパワーって、ほんとすごいですね。
自分も若いし同世代だけど。
それぞれ違った魅力を持っていますが、みんな心から輝いていて・・・
とかいうと陳腐な表現になっちゃうけど・・・
本当に心が洗われるようで、ちょっと反省とかしてしまいました。笑


大人組では、大阪で地域コンサルをしている森岡さんが来てくださいました。
コンサルと言っても口だけだすようなんじゃなくって、
現場にバリバリでて、本質に向き合いながら、そして俯瞰した視点でもとらえつつ
たくさんの人とともに地域を動かしていっていて、尊敬する方です。
なのでmenpeiの仲間になってもらって、いろいろとやっていこうと作戦会議中です!
大学で研究をしながらも、やっぱり現場にでないと何もわからない気がする、と言って
menpei荘周辺に集まってくれている、熱田ちゃんや南ちゃんなどにとっても
刺激的な出会いになったようでした。
100710morioka.jpg


総社在住のひろころりは、岡山が最近本当に面白くなってきていると話してくれました。
岡山市街地で友人の三宅くんや蛇谷らが頑張っているかじこやら、
アートリンクセンター(私が岡山移住を決意したきっかけにもなった)によって
最近総社でも何やらはじまっていると。
そしてmenpei荘と。
「その『周辺』でいかに遊ぶか」と言うひろころりの視点は
ある一定の心地よい距離感でその出来事を見ているように感じるのですが、
私はそれがとても好きで、信頼できるものと感じてます。
100710hirokorori.jpg


帰りに、先日田植えにきてくれたいずみんや別府くんらが、
田んぼをみたいということで寄ってみました。
「こないだ雨ふって苗ながれてないか心配してたんですよー」と別府君。
menpei田んぼ、と言いつつも、関わってくれているいろんな人が
成長を楽しみに、そして心配しているんだなあーと感じて、
嬉しく、そして背筋がシャンとのびる思いでした。
近所でも本当に最近、いろんな方と田んぼを通じて繋がっていってます。
100710tanbo.jpg


キラキラとした表情でmenpei周辺で遊んでくれる
エネルギッシュなパワーをくれる大学生ら若者たちは、
ゲストというより、これからも一緒に色々と取り組める仲間だなあ、と感じます。


価値観を共有できるこういった仲間の協力を得ながら動くこれからが楽しみです!
また、こういったことができる「広場」を用意したいなと思います。
スポンサーサイト
岡山が遠い・・・

いいなぁいいなぁ。なんか、日本に帰りたくなりました。また来mしたい!
井筒兄さん、もめ姉さんの日々の活動に置いていかれた感があります。いつの間にこんなにしてたんやーって。豆太郎くんもいつの間に、やし。
またお邪魔させてくださいね。
そうそう、ご報告(大したことじゃないけど)しなきゃなこともあるので、その時が来たら報告します!

2010.07.12 02:53 ばちこ #tbP3RbY6 URL[EDIT]

ほんまおいしそーー!
庭のお花も食べれるなんて、驚き!!
そしてまたまめのサービスショットが(笑)

2010.07.12 22:41 よつ #- URL[EDIT]

ばちこ
おお、なにかあったの?
日本かえってきたら、ぜひおいでよー!待っているよ!


よっちゃん
そうなのよ、これが食べられるのは
嬉しい発見でした!
はからずも、よっちゃんにとっての
豆のサービスショット(笑)

2010.07.13 15:16 もめ #iQgvVc9. URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。