スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

センチメンタル稲刈りイブ。

もめです。
101021tanbo.jpg

週末は稲刈りです。
そんなに集まらないかな、と思って
直前になって確認してみたら、20人以上の人が集まってくれそう。
とってもにぎやかになりそうだなー。
ちっちゃいたんぼなんだけど。笑
たのしみ。


そして同時に、ちょっとセンチメンタルン。
他の地域、品種と比べると遅い方の地域の中でも
まわりはほとんど刈り終わり、残っているのは、うちくらい。

つくる品種は、なるべく長い期間、
たんぼの中で見ていられるものがいいなーと思った、今年。



たしか4月に自然農をやってみようと思って準備して、
5月には苗床を何度もつくって
赤ん坊だった豆太郎も一緒に手植えをしたり
ごっつ暑い中、わいわい草取りしたり
毎朝毎朝田んぼにいって汗を流したり、
穂がでて大喜びしたり、とんぼの群れに感動してたたずんだり。


去年は、初めても初めてだったし、機械を使ってやってもらったりで、
自分で考えることも少なく、自分の汗を流す事もすくなく、
成長過程もそんなに気にしなかったし、不安なことも少なかったです。


今年は本当に毎日成長が楽しみで、愛情たっぷりもたっぷり注いで愛でてきたので、
この風景ももう終わりかーと思うと、ちょっと切ないです。
だから、できれば稲刈り参加する人には朝一番に来てもらって
この田んぼをみてほしいなーとか思っちゃったり。
暑い中、草取りにしょっちゅうきてくれた子たちも、同じように思ってくれてるみたい。

はぜかけをするので、まだ終わりってわけではないんですけどね。


自然農、やって良かったなあ。
酷暑の草取りは、ほんま大変やったはずやのに、
過ぎてしまえば、なんてことなかったように思っちゃうのが不思議。
よく聞く、一人目で苦しんで大変やったのに、生んでしまったら忘れちゃう、という出産の話みたい。

お米は限られた数量しかできないから、手伝ってくれた人と買ってくれる人が
必ずしもイコールではないけれど・・・。
また来mしてくれた時には、味わっていただけるように、、
menpei荘分をちゃんと確保しとこうかな!


23日、来てくれる方、一緒に愛情コメて、刈り取りましょう!
スポンサーサイト

わっ、愛が感じられるわ~。
明日の稲刈り、みんなでワイワイ楽しんでね。

私は先週、はさがけしたお米の脱穀をお手伝いしました。コンバインでやったけど、稲を下ろしたり、藁を束ねたり、なんやかんやで、米作りは最初から最後まで人手がいるな~と思ったよ。

2010.10.22 12:31 そらまゆ #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。