スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

師匠。

もめです。

週末、新庄村へ行ってきました。3回目のムラゼミです。
このことは、後日まとめるとして、別の視点から。

私には、今、師匠と思っている人が二人います。
弟子と認められているわけじゃないけど、精神的支柱として。

一人は、今回ムラゼミの講師に来てくださった畑祥雄先生
2009年から通っているIMIグローバル映像大学の代表で、
たくさんプロフェッショナルの先生がいるこの学校の中で、
私が最も影響を受けている先生です。
今年からは先生のゼミで、先生がプロデュースするプロジェクトを通じ、
勉強させてもらっています。
周りを巻き込み、社会の仕組みをついて、つなぎ合わせて、ものすごいスピードで実現していく。
「そんなの無理やろー」と思っていた事が、つい数ヶ月後に実現してた、というのを
目の当たりにして、パワーに驚いた事があります。
映像の勉強をしにきたつもりでしたが、いつの間にかソーシャルビジネスの動きを
リアルタイムで勉強させてもらえていて、面白いゼミです。

写真家であり、アートが専門領域(他のこともむちゃくちゃ詳しいけど)ということもあり、
言葉がどれもこれもメモしたくなるようなものばかりです。
私はこれらの言葉を精神的な支柱にしているので、師匠、と思っています。

たとえば・・・(多少編集してますが)
●something new に先行事例はない
→今の学生は勉強しすぎる。過去の事例を調べるところで、進めない。
 ムラゼミに関して言えば、
 「今まではどこにでもあることをやってきた。ここからは先行事例のないことをやる。
  自分の頭で考えろ。」

●コロンブスの卵のアイデア
→誰もができそうで、どっかでやってそうで、
 でも気づいていなかったアイデアを見つけ出せ。

●想像から創造へ
→「肉眼でみたことないからわからない」じゃなくて、イメージしろ。
  想像がsomething newなんや。

●知る事より、なにより、ギフトを。
→地域に入る時、地域の人を「知る事」が大切だとよくいう。
 そのために話を聞かせてください、というが、
 それよりもなによりも、地域の人が喜ぶ「ギフト」を実行せよ。
 何もしないうちに求めるな。


●二者択一するな。
→たとえば「個人のつながり」が大切か、「仕組み」が大切かという議論がある。
 そうじゃなくて、そのシーンによって組み合わせなければいけない。
 2種類のレゴをどう組み合わせるか。



まだまだ、あるのですが、こんな感じです。

今回のムラゼミでは、地域づくりの現場において、「定説」とされてきて
私たちも信じていた視点が覆されたというか、
同じようでいて「コロンブスの卵」的に、
おでこあたりに第3の目をつけられたようなそんな感じです。

ムラゼミメンバーも「定説」とされてきている
地域づくりのパターンを勉強している子が多いから、
いい意味でものすごく戸惑ったと思います。


ちなみに、こちらはムラゼミの講義の一部です。
このことは耕平のブログにも書いてます。


そして、もうひとりの師匠は、美作の地域おこし協力隊のかっちです。
畑先生に「第3の目」をつけられた直後に
本日かっちの口から話された言葉は、まさにおんなじことでした。実にタイムリー。

かっちが隊長として動いている上山には、
どんどん新しい変わり者が入り始めています。
その勢いは、今後どんどん増すはずです。
かっちがもたらすここのオープンな雰囲気に、たくさんの人が魅力を感じ
ここでなんかやってみたい!と思いはじめています。


ただ、最初から自分のやりたいことをやりたいと言って、誰が応援するんや?
まず、基本を学ばんかい!と。
チェンソーで木切って、草刈って、
学んだ基礎体力で、集落のために働く。
そしたらやっと、受け入れてもらえて、やりたいことあるんやったら応援するで、って空気になる。
これは畑先生が言っていた「村に何をギフトできるかをまず考えろ」と言っていた事と全く同じ。
ムラゼミの場合は、ムラゼミ生の「カフェ・店オープン」応援の為に、
村の人にその想いを共有しようとしていたのですが、
その前にまず、村への「ギフト」やろ!となり、これから中長期的に動き始めることになりました。

上山の場合は、ここ1年の地域おこし協力隊もいるし、
大阪の英田上山棚田団はさらに、ここが荒廃している時からずっと、
村の人でいえば70年やら80年やら、この集落を守ってきた。
そこに敬意を払わないで、ヨソモノがなにかやろうなんてのはお門違い。


私は、その前日に畑先生に「第3の目」をつけられたばっかりで、
その目は見開いているつもりだったけど、
かっちの迫力ある言葉に、ああ、半分目閉じとったなあ、と気づいて、目ェ覚めました。


「まあ、でもいろいろやってみてください。やったらわかることあるから。」という
相対するような言葉あったけど、「そうや、二者択一したあかんねや」と思い出して聞き入れました。


実はIMIの畑ゼミで動いているプロジェクトで、
田舎の農村とつないでくれという役割を与えられていたので、
私は、上山を紹介しました。
一度学校で会う段取りをしていたのですが、すれ違いで会えないことがあって、
ムラゼミの帰りに、やっとこさ、畑先生とかっちが対面できました。
師匠と思っている両氏を出会わせたい、と思っていたので、嬉しかったです。

121019ueyama.jpg

そもそも私はIMIで、映像を学んでいます。
畑先生の厳しい指導のもと、3作つくって、
やっと自分の映像とのつき合い方の方針がわかってきました。
対象と向き合いながら、自分と向き合い、迷っている事の答えを導きだす。
なかなか苦しい作業ですが、メディアを通して人と自分のカウンセリングをするようなもんです。
最近全然、作品としては取り組んでいなくて、次はかっちを撮ろうと思っていました。
なかなかカメラをまわせなかったのですが、この対面の後、
畑先生の励ましもあって、取り組んでみる事にしました。どんな答えがでるやろうか。





スポンサーサイト
村ゼミの熱気が伝わってきました。

畑先生のお話を読ませてもらうだけでも、参加者の目がきらきらしているような熱気が伝わってきました。

たとえば・・・

>something new に先行事例はない

本当にそうですよね。
すでに整った情報があるようなものはすべて過去のものということですから、過疎高齢化が急激に進み、農民の平均年齢が70歳を越すような村に、効果的な先行事例など期待するのがおかしいのかもしれませんね。

でも、生きることが変化することだとしたら、この言葉は、本当は私たちみんなの日常にも当てはまる言葉なのではないでしょうか。

正しさや効率などと言う二元論的なこだわりを捨てることが、これから暮らしや地域を幸せにする最初の大仕事のような気がします。

2010.12.23 01:16 まほろば庵 #e35QFsgs URL[EDIT]
まほろば庵さんへ

コメント有り難うございます!
そうですね、暮らしの中でも、どんなことにでも
あてはまることだと私も思っています。
またそのうちお会いしていろいろお話できたら嬉しいです。

2010.12.24 23:05 もめ #iQgvVc9. URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。