スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

本当に農繁期だ。

もめです。

ここ2、3日は、身体の調子もわりと良くて、
友達来訪三昧のGW明けて、家に一人で居たら感情が崩壊してきたので、
心と身体のリハビリ的に、耕平君と一緒に上山に行くことにしました。


引き金となったのが、畦塗り。
田んぼに水が入り始めて、泥の中に足をつっこんで作業している写真を見たら…。
田んぼの水ってのが、どうも私を興奮させるようで。

畦塗りの作業はこんな感じです。


私は遊び程度にやらせてもらっただけだけど、田んぼはやっぱり好きです。楽しい。
さすがmenpeiは田んぼで出会っただけあります。
110515_5.jpg


その翌日は、野焼きでした。
上山では何度も野焼きをやっているそうですが、
これだけの規模(下の動画参照)をやっている場には、私は初めて参りました。
110515_4.jpg
©フミメイ


竹の爆発音はすごい。
美作のなんでもできる同い年の男、たくまんが「これがホンマの爆竹」言うてました。




その作業の後は、草刈り三昧。
草刈り機、やりたくてもさすがに妊婦やしやめとこうということで
(そうでなくても皆のようにきれいに刈れんし長時間は無理やろうけど)
刈った草をひたすらかき集めました。
草を刈ったあとの香りって、好きです。癒されます。


調子が良かったので、3日目の今日も参上し、
耕平君がしている作業の近辺でできることをやってました。
110515_1.jpg


110515_2.jpg

ここでみんなの活動を見ていると、それぞれの特徴が見えてきます。
耕平君は、もうただのコンサルからは足を洗うぞと腹を括った覚悟と、
次期隊長という責任感と、部活のような作業に燃える本来のスポーツマン魂とで、
自ら率先してハードな作業を楽しそうにやっています。
家に帰れば、朝晩と、事務作業もサクサクこなしてるし、文武両道です。
パートナー褒めで恐縮ですが、尊敬できる人物ゆえ、妻になっているのでね。
ええじゃないか!


いろんな人がいますが、皆基本的に農業などは素人なので、
村の人に教わったり、みんなで考えたりしながら進めていて、
効率よくやろうと思ってもいろいろつまづいて学びながらの作業です。
また、こんな田舎だと誰かに会えば作業が増え、増え、で
帰ろうと思ってもなかなか帰れないという様子。
それでも、みんなそういうのが好きみたいで、
日が暮れて、さあ、帰ろうかと言ったら「農業は余韻や」と言って、
作業後の田んぼを眺めてしばし浸ったりしてました。男ども、ロマンチストや。
(ロマンチストのひとり、大地君の撮った写真が美しかったので、おんなじように撮ってみた。)
110515_3.jpg



そんなこんなで、日々むちゃくちゃ作業があり、
どんどん増えていくことを体感しました。
ぜひ、お車をお持ちの、体力自慢、器用自慢のみなさん、
昨年、menpei田んぼに遊びにきてくれたみなさん、
いつでも作業着で上山にお越しの上、農業体験という名の元で、お手伝いよろしく!

スポンサーサイト

コウヘイ、代掻き、良いじゃん。

腰も入ってるし、いっぱしの百姓じゃん

怪我しないように、楽しんでね

2011.05.16 18:29 かずら工房(まっち) #ZJmJft5I URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。