スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

のんちゃんがまた来てくれた。

もめです。
-------------------------------
第124回 2011.5.23(日)
のんちゃん
うめちゃん
------------------------------
先日来たばっかりののんちゃんが、また来てくれました。
共通の友人のみやけくんとじゃたにが、
鳥取であたらしくはじめるプロジェクトのための拠点「うかぶ」を
つくるための合宿をしていて、それにのんちゃんも東京から参戦していました。
同じく参加していた岡大のうめちゃんの車で、
夕暮れの棚田を撮るために上山を通過した後、吉永に到着!


そして来るやいなや、鳥取で買い出しをしてくれていた材料を使い、
参鶏湯風の「しょうが汁(のんちゃん曰く)」と、
チヂミを慣れた手つきで作ってくれました。
のんちゃんがシェフで、うめちゃんが助手ってな感じで、見てるだけで楽しい。


参鶏湯は薬膳料理らしく、この「しょうが汁」も、美味しい上に、
この日は寒かったので、身体もあったまってとても幸せ。
チヂミも最高に美味しく、余った分をうめちゃんがお持ち帰りして帰宅、
のんちゃんは宿泊。

のんちゃんが来てくれた時の楽しみは、会う直前くらいに撮った写真を
スライドショーで見せてくれること。
今回は「うかぶ」合宿のを見せてくれて、楽しい様子が伝わってきました。
のんちゃんと初めて会った時は、フィルムメインだったけど
最近デジタルでも撮るようになっていて、デジタルだと
そのまま見れてそのままもらえるという喜びが。
このブログの写真も半分くらいはのんちゃん。
それでもデジタルのことはわからん、アナログ人間だと言うけれど
アナログに生きていく力の強いのんちゃんはかっこいい。


翌日、本当は昼には帰る予定だったのを、
「ひとりになりたくなーーーい」と駄々を捏ねる私に嫌な顔せず
「ほな電車おくらすかー」と言って、結局夕方近くまで居てくれました。
お昼ご飯は、20代に写真の修行を積んだ事務所でよくつくったというパスタを。
本当に手際がいいし、片付けてくれたあとも気持ちがいい。
身体を壊したほど厳しかったというその修業時代が、
のんちゃんの今の背骨となる部分を形成しているんだろうなあ。


のんちゃんは、岡山に来る度に、何か新しい縁をひろげて帰ってます。
人に対して誠実で真摯なのんちゃんだからこそ、
「ネットワーク」とか軽い言葉は不似合いな
縁が結ばれていっているんだと感じます。


6月に来ると言っていたな。またすぐに会えるといいな。
110524-1.jpg

110524-2.jpg

110524-3.jpg

110524-4.jpg

110524-5.jpg


110524-6.jpg
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。