スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

吉永在住の女の子との出会い。

もめです。

良い出会いがありました。

-------------------------------
第132回 2011.7.18(月)
佳苗ちゃん・由美加ちゃん
------------------------------

110718_11.jpg


後ろのマメがかわいいから、こっちも載せとこ。笑
110718_12.jpg


最近リニューアルしたばかりのmenpei.comのお問い合わせフォームからメッセージが。
そこには吉永在住だというデザインを学んでいる大学生から
ぜひお話をきいてみたいから時間をとってもらえませんか、という内容でした。


メールのやりとりの感じでいい感じなのが伝わってきたから
快諾して早速来mしてもらいました。


話していると、どうやらタブララサの金田君と河上さんが
menpeiのことを紹介してくれたみたいです。
「吉永といえばmenpeiがいるじゃないかー!」と。
写真のまんなかの佳苗ちゃんが吉永で、しかも超近所。
どうやら話をきいていたら、5年程前の結婚前に耕平が住んでいた吉永の地域の
消防団の班長さんがお父さんのようで、出会うのに随分遠回りしたなあと。笑
一緒に来てくれたのは和気在住の由美加ちゃんで佳苗ちゃんとはずっと仲良し。


たくさんいろいろお話をしました。
わたしたちがなんだか人生楽しそうにみえたみたいで、(実際そうやけど)
ふたりにとってめちゃくちゃ刺激的な時間だったと、伝えてくれました。
110718_13.jpg


ふたりでなんかmenpeiみたいにクリエイティブユニット名でもつくって
学生(まだ1年生)の間に、どんどん地域でイロイロやっちゃいなよー!
ほんで一緒にいろいろやろーよー!と伝えました。
ふたりとも話しているうちに、自分たちが小学生の頃は
泥まみれで自然で遊んでたのに、最近の小学生とかはゲームばっかだし
地域の魅力とかも全然感じていないようだと言っていたので、
じゃあそこをなんか変えて行けるようなおもろいこと企画してみて
実際にやってみよーよー!と。

めっちゃキラキラした笑顔で暗闇の中帰っていったふたりを見ていると、
何か絶対やってくれそうだなーという気がしてこちらも
むっちゃパワーもらいました。
私の師匠の畑先生が、まちづくりはひとづくりだと言っていて
自分はつくられる方だという意識がどっかであったけど、
もう自分もつくっていく側でもあるのかもしれへんな、と思いました。
彼女達がなにかを頑張ろうとしたら、全力でサポートしてあげよう。
110718_14.jpg

スポンサーサイト

すごく貴重な話が聞けて
すごく楽しい時間でした!
ありがとうございました。

2011.07.19 22:23 則枝佳苗 #- URL[EDIT]

かなえちゃん
こちらこそありがとう!
なにか面白いこと思いついたかな?
またいつでも遊びに来てね!

2011.07.29 22:42 もめ #iQgvVc9. URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。