スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

のんちゃん岡山到着!

もめです。

家に一人で籠って、youtubeで音楽聴きつつ、
デザイン仕事を猛烈に進めていて、鬱々としていた時に、
元気娘が東京より、いわきナンバーの車走らせて到着しました。

-------------------------------
第134回 2011.8.1(月)
のんちゃん
------------------------------

ようこそよしながへ!!


のんちゃんの荷物がぽつぽつ届きだしていて、
いよいよやなあ、という感じはしてきていてたけど、
あまりにもいつも通りなひょうひょうとした登場で、なんか笑ける。
車には、引っ越し屋には任せられないという大事な商売道具の
写真のためのでっかい機材が2台ほど積まれていました。

到着した頃、ちょうど車で家の前を、吉永町内の少し北の方に住む井上一家が通って少し談笑。

マメを連れて、近所の特に特にお世話になっている田中家と久次家に挨拶まわり。


のんちゃんがほんと自然と誰とでも打ち解けるから、
まだ私がここの住人だという感じとは言え、
挨拶をしながら、ごくわずかに、のんちゃんにまず一歩、の、バトンを渡す作業をはじめている感じ。
誰でもこういうわけにはいかなかっただろうけど、
のんちゃんがこの吉永に居てくれるというのは、心強くて、気持ちが軽くなる。
・・・ということを、今日実際に来てくれて実感。


週末に上山のmenpei荘のペンキ塗りを手伝うよ、その下見しとこうか、
とのんちゃんが申し出てくれたので、夕方になっちゃったけど上山へ。

耕平は1日、大家のかたおさん(80歳くらい)と家の片付け、修繕をしていて
くたびれて、お風呂に入ってるところでした。
というのも、家についていた太陽熱温水器が使えることがわかり、
使っていかないと、ということで、試しに。


その時の空気感が、なんか、家っぽくなってきたなーという感じを漂わせてました。
井上家に那須土産でもらった饅頭を居間で食すと、またそれも。


週末、またこれからの作業を見据えて家の中を見渡す
のんちゃんの佇まいの心強さと言ったら。


近所のおっちゃんおばちゃん、協力隊の人、とかは別に
同世代の友達のこういう存在は今のところなかなか居ないし
同性で、いろいろ気がついてくれるので、ほんまありがたい。
ものづくり、に関わる人間としても、相談にのってもらえてうれしい。


吉永の家から、井筒家の荷物が少しずつ出て行き、
のんちゃんの荷物が少しずつ増える。
暮らしの拠点がそのうち、定まりつつ、
互いを行き来する。


110801_1.jpg


110801_4.jpg


110801_2.jpg


110801_3.jpg
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。