スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

上山棚田大学 「宝塚ー上山」大成功!

もめです。

上山棚田大学、宝塚ー上山をバスでつなぐ稲刈り部、大盛況で無事終了致しました!
受講生、スタッフ、棚田団いれたら40人以上が上山に大集合。
宝塚メディア図書館の講座のプロカメラマンコースの先生と学生も授業の一環で上山入り。
110917_1.jpg

こんな企画しようと思ってるんやけど、と、
かっちとかに送っていたメールを見直すと7/20でした。
1ヶ月くらいかと思っていたけど、2ヶ月間、この企画の実施、成功のために必死でした。

私の尊敬する畑先生と、我らがかっちを結びつけたら絶対面白い!
と思って繋げようとしたのが去年の10月。(その時は失敗して実現したのは12月)
都市と農村が対等な関係で助け合う「市村交易」の最初の構想と
岡山と宝塚を結びつける役割を井筒さんがしなさい、と最初に言われたのが去年の春。


振り返れば、1年半ほどの蓄積がありました。
そこに、その構想が記された本の出版、私の上山移住、そして間もなくの出産。
そんな要素が合わさって、「今しかない!」と私は奮起して
先生の構想の中にあった「宝塚」と「バスツアー」にこだわって、企画を立てました。


企画を立てればやるしかない、絶対成功するしかない!という必死の想いでした。
ギリギリまで追加申込、キャンセルなど変更もありつつも、
いよいよ!という時に「明日雨やん!」という気づき。
雨の稲刈りってどんなんなん?と思いつつも、もうここまで来たら
何が何でもバスは出そう!どんな風になるかわかんないけど来てもらえますか?
という電話を参加者にして回ったら「行きますよ」と嬉しい答え。
こりゃやるっきゃない!
明るい棚田団のメンバーは「晴れるって♪」と口々に。


当日、結局天気予報に反して、ほとんど雨には合わずにできました。
ぬかるんでいたのと、イノシシにやられて稲穂が倒れていたところを選んだので
機械でなくオール手刈り!
大変な作業だけど、参加者のみなさんは、
「ざくざく切る音が気持ちいい」など楽しんでくれている様子でした。
私は身体優先で作業はできませんでしたが、
その空間にいるだけでニコニコ楽しくなりました。

ドロドロになった後は、雲海の温泉でスッキリ。
バスでの帰宅だから、みんなビールなんか飲んで、帰りは本当笑顔で溢れていました。

今回の出会いが、これからも続くように、機会をつくり、努力をしていこうと思います。
市村交易、という構想のまだまだスタートライン。これからです。

今回、つくづく思ったのが、「なんとなく繋がる」というのはいとも容易く出来ます。
特に上山はどんどん新たな繋がりを結ぶのが大得意なフィールド。
ただ、それを本当に息の長いおつきあい、本当に結実していくには
努力しなくちゃなりません。
自分が責任もって「ぜったいやったるぞ!」という想いがあれば、周りはついてきてくれます。
とくにこの棚田団というメンバーは、そういう熱い人たちです。
バスの中で盛り上げ役を買って出てくれたり、大人数のごはんを世話してくれたり、
作業する背中をみせて参加者に刺激を与えてくれたり、それぞれの得意で全力応援。
そのおかげで、この企画は実を結んだのだと思います。
仲間がいると頑張れます。
仲間が喜んでくれると思うと頑張れます。


棚田再生。
この可能性に満ちたチャレンジに共に挑んでくれる仲間が増えるように。
その時々、私は私のできる形で力を発揮していきたいとあらためて思いました。
子どもが産まれたら、またこのフィールドでどんなことができるかな。


ひとまず、この企画に参加してくれたみなさん、仲間のみんなに感謝です。
ありがとうございました!

110917_2.jpg

110917_3.jpg

110917_5.jpg

110917_6.jpg

110917_4.jpg

110917_7.jpg

110917_9.jpg

110917_10.jpg


110917_11.jpg

110917_13.jpg

110917_12.jpg

110917_8.jpg

110917_14.jpg
スポンサーサイト
黒瀬さん

拍手コメントありがとうございますー☆
表示されないので、ここにコピペしたうえで
レスポンスさせていただきます。
むっちゃ嬉しいコメントありがとうございます!
まだまだこんなの小さなことかもしれないけど、
じょじょに一歩ずつ成長してこうと思います!


>クロセ@林野高

>本文:
>お疲れ様でした。何よりも、端から見ると、今まで通りの自然体のよう
>にこんなビッグイベントを、そして実態は、めちゃくちゃ熱い想いを
>もってやり遂げなさった!ということに深く深く敬意を表します。
>言葉は尽くせませんが、本当にお疲れ様でした。

2011.09.18 23:43 もめ #iQgvVc9. URL[EDIT]

お疲れでした。
上山稲刈り、脱穀、籾摺りは本番を迎えますがあああ。
さあ
一歩目がでたら、つづけようでええええ。
ほんとうに、継続は力なりというのを
このごろ、本当に感じますうう

2011.09.20 18:53 guroro #- URL[EDIT]

ぐろろ

この度は、どうもありがとう!
わたしも棚田団の一員、という意識に後半なって参りました。
よろしくです!

2011.09.20 23:09 もめ #iQgvVc9. URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。