スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

棚田と森のようちえん「bochibochi」をはじめようと思うの巻。

もめです。

昨夜、スープの冷めない距離の加賀家と晩ご飯を食べ、
こどものお風呂をすませてもらったあと、蛍を見に行きました。
蛍は我が家の前にも飛んでいて、自然も人も含んだこの環境、
素晴らしく楽しいなーと、ええとこ、ええとこやー!と言い合ってました。

私の子育ては、
気持ちの良い自然、温かい地域の人、心強い仲間に囲まれてスタートして
これがスタンダートなっています。

そんな環境なので、子育てに対する焦りとか不安とかはなく、
風太のペースで育ってくれたらいいやと思うし、
世の中には既成概念や心配ごとで溢れておって
そのことに振り回されざるを得ない世のお母さん達は
肩に力が入ってもうて大変やんけと感じたりします。


そんなこんなで、棚田と森のようちえん「bochibochi」をはじめてみることにしました。

「ぼちぼちでええやん」の「ぼちぼち」です。笑



先日、メジャーな森のようちえん、智頭のまるたんぼうに視察に行ってきました。
ここは森がフィールドで、森の中でこどもたちの動きを
保育士が静かに見守り、こどもたちをたくましく健やかに育む素晴らしい活動をされています。



まだ産声をあげたばかりで、具体的なことはこれからです。

その第一歩として、7/8(日)に上山棚田で
おさんぽ会とおしゃべり会を実施することにしました。

関心のある方、ご連絡くださいまっせー!

2012.8.14 最新版にアップロードしました
棚田と森のようちえん企画書_第2稿
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。