スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

menpei×プシプシーナ珈琲⑦(愉快な仲間たち)

もめです。

ざわざわ。わいわい。
大人数っぷり


ざわざわ。わいわい。
大人数っぷりその2


今回の来m者は、芳名帳を数えてみると24名でした。
menpeiをいれると26名。
急遽これなくなった人が4名ほどいましたので30名になったかも!
今回は初の試みなので、公募をしないで、直接声をかけてお誘いしました。
それでもこんな辺鄙なところにこんなに集まっていただけるのは有り難い。

一番遠くて横浜から学生さんが。
ちなみに私が有機農業の研修に行った時に会った子です。
彼女も含め、1度会っただけの人もいました。
言葉に表すとするとmenpeiにとって「ピンとくる人」の集まりでした。

写真を見ても伝わるかと思いますが、小さなお子ちゃんから近所のご婦人まで。
学生さん、会社員さん、デザイナーさん、アーティストさん、主婦さん、
編集さん、環境系さん、農学博士さん、パン屋さん、・・・・
職業も年齢も様々。
その後の感想でいただいたミヤケクンの言葉を拝借すると・・・
「世代、職業、立場、バラバラ。
 やー、それぞれの立ち位置と、価値と、役割を考える、
 持続可能感を感じた。
 
 イーバランスだった 」


このイベントも、とっても自然な流れではじまりました。
プシさんとの直島での出会い。
プシさんでmenpei冊子を置いてもらう。
プシさんへの豆購入によるmenpeiアピール。
プシさんへの訪問によるmenpeiアピール。
そしてプシさんから「来mしたい」
なんだったらプシハハから「吉永に住もうかしら」


menpeiの活動は、常に立てているアンテナに
ピンととまった人たちとの出会いによって成り立っています。
本当に出会いのおかげ。
プシさんもそう、
打ち合わせなくともイベントにぴたっとはめ込めるフォーマットを作ってくれるミヤケクンもそう、
田尻くんもそう、
大切な1日をここにあててくれたすべての来m者もそう。
だからこそ、わたしのこのアンテナだけは常に磨いて伸ばしていきたいと思います。


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。