スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

EU滞在(3)ベネチアビエンナーレ

もめです。

この日はholiday。
インタビューも出来ないので、次のインタビュー地にも近いこの町へ。
090719ベネチア風景


そう、水の都、ベネチア。
ここはたしか18の時に祖母に連れてもらった初の海外旅行以来2度目。
中心のあたりは人だらけ。時期が異なるからか6年もたっているからか都会すぎて疲労。


しかし、コチラ側の風景は前回見ていなかったし
少し落ち着いていい感じ。
090719ビエン海の風景


この先、歩みを進めていくと、あります。
2年に1度の祭典、ベネチアビエンナーレの会場。
1895年が第1回目で、今年は53回目。
ビエンナーレの元祖、というのは周知の通り。
090719ビエンエントランス


ハイテンション気味。
スペインにて、コーヘイの鞄がスリ未遂に逢ったことで
(私が発見して「何してんねん」と撃退、セーフ。)
猜疑心150%ガールになっていましたが、この時ばかりは心が晴れやかに。
この道の両脇、進んでいくとあらゆる国の展示館があります。
091719ビエンゆうこ


一番に訪れたのは日本館。やなぎみわ。
黒テントが他とは異なる雰囲気を。
090719やなぎ外観

090719やなぎパネル

090719やなぎ全体像


抜粋ビエンナーレ。
アメリカ館。(館内撮影できず)
090719アメリカ

イスラエル館。
090719イスラエル

たしか、ノルウェー。(ブラックユーモア、面白かった)
090719ノルウェー

エジプト館。(3人の中で人気高し)
090719エジプト

ブラジル館。
090719ブラジル

ロシア館。
090719ロシア

ポーランド館。(見入ってしまう。すごい)
090719ポーランド

さて、おみやげのポストカードは・・・
とどこの観光地にでもある風景。
しかし作品。明らかにベネチアでない風景に「ベネチア」と書いたポストカード。
持ちかえり自由。100万枚刷ったそう。
アートファンの方は来m時におすそわけしますよ。
090719ビエンポスト


さよならビエンナーレ。
090719ビエンさよなら
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。