スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

田んぼの草取り、穂肥。

もめです。

暑くなりましたね。
日本家屋である我がmenpei荘は風通りはいいので夜なんかは涼しいです。
それでも、帰ってくるなり「暑い!暑すぎる!」とコーヘイ氏は
扇風機をONにするので、男性とは感じ方が違うのかもしれませんね。
とはいえ、日中は本当に暑く頭がのぼせそうです。
仕方なしに首や頭にアイスノンでなんとかしのいでいます。


そんな中でも特別暑い今朝、田んぼの穂肥をしました。
総監督久次先生と共に。
肥料はバケツいっぱいに肥料を抱えて歩くので
どうも私にはムリ、と判断したようで
(女の子に優しいんです。笑)
「肥料は僕がやる、ゆうこさんは草をとって」と言われ
田んぼの中に入って草をとることに。


私はいつも農作業スタイルがあって
ホームセンターで買ったつなぎが好きなんですが
「そりゃ暑い、熱中症なるで」と総監督に前々から言われていたので
今日は意気揚々と半袖半ズボンで行くと
「半ズボンできたんか、稲にやられるで」と。がーん。


たしかにそうでした、稲にはやられた経験済みなのに。しまった。


田んぼの中は水が入っているので、気持いい。
けれど、背の高くなった稲に腕や足が攻撃されまくり。

1時間ちょっとですかね、作業が終わって
久次家の畑の前で休憩。
久次さんがスイカを切ってくれてその場で食す。

「この食べ方がなあ、一番ええんじゃ。仕事のあとのスイカは最高。」

ドロドロの格好で、スイカをばくばく。種をぴゅっ。皮は堆肥床にポイ。

久次さんの言う通り、お茶を飲むより、アクエリよりも
水分補給がええ感じでできました。


最高!


肌は案の定、痛めつけたようにマッカッカ。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。