スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

パンをつくる。

もめです。

ある日、パンをこねている映像が脳裏にふと浮かびました。
そうなると、もう、パンをつくりたいという欲求を意識し始め
これを満たさなければどうしようもない気持になりました。

「あの時、どこからかパンをつくりなさいという声が聞こえたんです!」
というように神の声が聞こえた、というわけではないのですが
単純に映像が浮かんでしまったのでどうしようもありません。


一度つくったら、意外にも、ええ、意外にも
焼きたてだからか、むちゃくちゃ美味しいのです。



pan3.jpg


ついつい、一度目のオーブンに入りきらなかった子たちには
紅茶味に仕上げました。

pan4.jpg


またある日、急にあずきを炊いている映像が勝手に浮かんでしまいました。
なんてことでしょう。
私なんてものは、どちらかというと、あんこ嫌いです。
好き嫌いがほとんどないので、「嫌いなものは御座候くらい」というくらいです。
これはローカルなこの商品に愛を込めた冗談でもありますが。


それがどうでしょう。
その欲求を満たす為に、スーパーに行き、乾燥ものが見つからなかったので
ゆであずきの缶を購入してしまいました。
でもやっぱり、私がしたいのは「あずきを炊く」こと。
あの映像を体現しなくてはどうしようもないのです。
ということで、恐怖で一度たりとも一人で運転をしたことのない
隣町のスーパーまで車を運転してあずきを求めに行ったのでした。


そして出会えました。
この映像。
あずき



ひとまずざるに移しただけで満足したのですが、
これではあんこになりません。
どんどん煮詰めて行きます。
この汁でなんか染めてみたい、、、ああ、またそんな映像が私の脳裏をちらつきます。


きました。ええ感じです。アズキちゃんは、あん子に近づいています。
azuki2.jpg


ここまで来て、意外にも水分が多いので焦りましたが
煮詰めればなんとかなるはず、ともう必死です。
あずき


あんこ完成写真がないですが、それはもう、まぎれもないあんこで、
あんこが嫌いな私も、自分でつくりゃあ「美味い!」ってなもんです。


それをこねこねした生地でくるんでいきます。
今回分量を変えてみたら、肌触りが今までダントツよく
こねるのが気持よくて仕方ありません。

これ、もー、たからもんですね!
pan1.jpg


完成!
pan2.jpg

できたてより他に美味しい状況なんて想像できませんから、
家からチャリンコで2分ほどのコーヘイのいる会社へお届け。
4人中2人しかおらず残念でしたが、
なにかをつくったら人に食べてもらいたくなるという気持を
24年間の人生ではじめて味わってます。

暮らしの中で食が大きな位置を占めていることも実感です。
食が大切、と謳っていた前職の時には実感できていなかったことです。
今、心で繋がった感じがします。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。